Portable Media Player

20091108_0動画プレイヤーとして使っていたCreative ZEN Vision:Mのバッテリーがちょっと前に逝ってしまったので、今後どうするかを考えていた。Vision:MがよかったのはDivX(5?)の再生許容範囲にやたら余裕があり、VGA/2Mbpsあたりまでは無変換で再生できたので、デスクトップとファイルを共有化可能だったと言うこと。しかし、現時点ではDivX変換はほとんどしていなくて、とりあえず生データのまま保管しているので、過去のデータの即再生にこだわらないのであればあまりメリットにはならない。現時点で音楽再生にしか使っていないiPod Touch 1st 16GBで代用するって手もあるけど、音楽用の容量が減るのはちょっと。最新の32GB/64GBに買い換えるって手もあるかもしれないが、カバーフローがやたら落ちたり、そもそも転送がめちゃくちゃ遅いという現状マシンは結構我慢の限界なのであんまりノリ気ではない。音楽用のKENWOOD HD60GD9を常時使用に格上げてもいいのだが、メインマシンのWindows7 64bit環境ではKENWOOD謹製の同期ソフトがうまく動かないのでなかなかそれも厳しい。というかKENはalbum用にしたい。つまりKEN- album機。Touch-Single機という体制は変えずに、動画機のVision:Mの後継をどうするか。。。 てなわけで、新機種の導入しかないかってわけでサクっと入手したのは、ZENでもなくましてやSONYでもなくZune HD 32GB。

ていうか使ってみて思ったんだが、ZUNE HDは洋楽いれてこそその真価が発揮できるって感じだな。BioとかRecommendとか面白すぎる。あまり登板回数の少ない洋楽専用機のNomad ZENとの入れ替えも考えるかな。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中