2015年last.fmログ

  • Top Artists
    1. KOTO
    2. ひめキュンフルーツ缶
    3. HR
    4. Doll☆Elements
    5. 小桃音まい
    6. 乃木坂46
    7. 山口活性学園アイドル部
    8. AKB48
    9. Mary Angel
    10. アイドルカレッジ
  • Top Albums
    1. Mary Angel “Mary Best”
    2. 乃木坂46 “透明な色”
    3. Party Rockets “Triangle”
    4. PiGU “ザ・アイドロイド”
    5. HR “HR”
  • Top Tracks
    1. ICE☆PASTEL “クリスタル☆レインボー”
    2. KOTO “推定スウィーティ”
    3. リナチックステイト “虹色SunShower”
    4. エンタの時間 “厨二病ファンタジア”
    5. 亜利美里 ”Access code セツナ”

Top Tracks次点は滝口成美の”君と私の最高の物語”。

myアイドル楽曲大賞2015(SINGLE)

とりあえず順不同にエントリ曲から6曲。

  • notall / “ペンギン人間”
  • AsoBit☆Girls / “おもちゃの時間”
  • ベースボールガールズ / “手の鳴る方へ”
  • エンタの時間 / “厨二病ファンタジア”
  • principal! / “final fanfare”
  • ICE☆PASTEL / “joker,”

エントリ漏れからは3曲。

  • Flagship Stars / “わたしだけどわたしじゃない”
  • リナチックステイト / “虹色SunShower"
  • しゅしゅどーる / ”マジカルカラー”

ひとつ欠番で9曲選出。一番好きな曲がCD出てないアイドルさんは落としてます。

myアイドル楽曲大賞2015(ALBUM)

  • Q’ulle / “Q’ and A – Q’ulle and Answer”

というわけで今年のアルバムはQ’ulleで。本家のアイドル楽曲大賞ではエントリーすらされていないので、アイドル枠じゃないかもしれないけど。実際今年アイドルイベント出てたか覚えていませんが、前身のDANCEROID時代はアイドルイベにも積極的に参加していたのでその流れを受けての選出です。

まぁ実際のところアルバムとしては声優アイドル的な印象も強いんですけど、昨今はもてはやされている市井の「アイドルらしからぬ」がコンセプトのアイドルアルバムに比べて実にシンプルで楽しめるってのが評価ポイントですかね。去年の乙女新党のアルバムもそうなんだけど、アイドルがアイドルらしさを持っていることがアイドルの最も重要な要素だと思っています。

「演者が理解できていない高尚な楽曲派楽曲」よりも「演者がまず楽しめている初恋サイダー」の方が何百倍も素晴らしいというのが僕の持論なので。

105,000 plays

last.fmログチェック。10,000playsは2014/11/25でした。

Top Artists

  • モーニング娘。 1,414 (+18 stay)
  • Aira Mitsuki 1,239 (+10 stay)
  • Berryz工房 879 (+26 stay)
  • dream 858 (+13 stay)
  • 浜崎あゆみ 824 (+6 stay)
  • 玉置成実 789 (+14 stay)
  • Saori@destiny 766 (+8 stay)
  • 松浦亜弥 566 (+7 stay)
  • 愛内里菜 544 (+4 stay)
  • SUPER☆GiRLS 542 (+21 up)

スパガに変わってランク外になったのはPerfume。こう見ると、Top 10のArtistsの楽曲ほとんど聴いてない感じですね。ということでより「今」が反映される半年チャートを以下に。

  • 乃木坂46 +35
  • HR +26
  • KOTO +24
  • E-girls +23
  • predia +23
  • Mary Angel +21
  • 山崎あおい +21
  • Doll☆Elements +20
  • ひめキュンフルーツ缶 +19
  • WHY@DOLL +19

おお、これまたガラリとメンバーが移り変わっている。ひめキュンフルーツ缶こそ常連だけど他はこれまでこんなに上位に来ることはなかったよなぁ

上月せれな「15歳の決意 Start to the FUTURE」@新宿Ruido K4

せれちゅデビュー1周年ワンマンLIVE。せれちゅと初めて会ったのは2014年の7月。CD第0弾の「ハイテンションガール」がまだ売ってた頃。初見のステージでそのソロステージの堂々っぷりとなぜか惹かれるものがあったので物販に行ったのが始まり。で、話していたら中学生と聴いてびっくり。ステージングやその受け答えのしっかりしたところから歴のある高校生くらいな子かと思ってたし! しかも長野から通っているって聴いてさらにびっくり。スゲェなあ、ガッツあるなぁって感じて興味がさらに沸き、その後、そこそこコンスタントに物販行くようになった。(中途)

クルミクロニクル「Hello Again 2015」@渋谷asia

くるみちゃん復活ライブ。前回8月のライブと同様にブランク後のライブ。その8月のライブは個人的には決して良い評価はしていない。それはブランクと言うか練習不足が目についたという事と活動が数少なくなっている不安、また受験が控えているという不安などが交錯していて良いコンディションじゃなかったからかなと推測。なので今回もそのブランクが不安だったけど、やっぱり第一志望の大学に合格しているという心の余裕なのか、非常に良い雰囲気を持った幸せさがある楽しいライブだった。もちろん練習も詰めていたんだろうし。

鈴原優美 東京2周年ライブ@神楽坂TRASH UP

「はぴねす王国2周年記念祭 ~戦士集合! ゆぅみんと一緒に神楽坂を転がろう!!~」
出演: 鈴原優実/STARMARIE各ソロ/葉月/PreciouSparty/七瀬由紀子/加藤ありさ

ゆぅみんを初めて観たのは今年の1月13日。平日火曜の夕方17時開始でシブド、KOTO、亜利美里、鈴原優美の4組が出演と言うまぁワンコインとは言えお客さんそこまで入らないよねっていうイベントでした。実際ゆぅみんのライブはそこまで大盛り上がりってわけでもなかったし、また今日のライブの本人MCにもあったように、そこまで歌もダンスも上手いってわけでも無かったかな。でも、なぜかゆぅみんの空気感というか雰囲気というものに引っ掛かりを覚えて物販に行ったのが始まり。その後、何度かライブ観ているけど未だに彼女のライブの良さって言葉にしづらいかなー。曲もまだCDが出ていないから聴きこめていないし。でも、一種の多幸感は確実に感じるなにか不思議なコ。

てか引退を表明している七瀬由紀子ちゃんの物販に行って去年出たアルバムを買ってきました。ゆっきぃと会うのって多分Ready JUMP@石丸の頃以来だと思うんだよね。ただ手元の不完全メモだと、虹色スイッチさんのリリイベで七瀬由紀子ちゃんと鵜澤明日香ちゃんが参加してた時くらいしか該当するのがないんだけども(コレ鵜澤ちゃん目当てで行った気がする…)。あぁでも虹色スイッチと一緒だったときだとすると、今日のイベントにPreciouSParty出ているのって面白いな。当時のメンバーいないにしても。

PiGU @ アキバアリーナ

参加できない予定だったけど、タイムテーブル見たらちょうどお昼の時間だったのでこれはなんとかなると思って急きょ昼に抜け出して参戦。初見の片桐萌ちゃんのライブ中に現着。すげぇ盛り上がってるなーと思いつつ、次のトリとなるPiGUとの流れを危惧w

  • 01 悲しみよこんにちは
  • 02 illusion illusion
  • 03 前向きちっとぼっち
  • 04 Strong Lovers
  • EN
  • 05 青い風のビーチサイド

昨日聴けなかったillusion illusionキタ! これ好きです。おとなしい曲ですので、沸く感じは全くないんですけども。そんなこんなで年末のアルバムに未収録な新曲3曲を含めて4曲披露終了。ああ楽しかったと思いつつ物販並ぼうと準備しようとしていたらいつのまにか運営の平安さんが目の前に立っている・・・わかりましたよ・・・というわけでアンコール発動(汗。てかフロアにはボク以外に大阪遠征組4人のPiGU界隈が居たのですが、後で話した限りは地下アイドル現場自体にあまり慣れてなさそうな方たちだったので、もしボク居なかったら平安さんがかけてたんですかねぇと(汗。あ、ちなみに2月のアキバアリーナでもボクがアンコール発動してます(大汗。まぁメンバーは喜んでいたんでオッケーですけどもっ。

そんなこんなで物販始まった後もしばらく平安さんと東京での活動についての話をしていたら、けいかりんに呼ばれて話途中で物販に。いろいろあって結局けいかりんの限定Tを買うことにw。昨日4人バージョン買ったのに。まぁ新リーダーになったけいかりんへのご祝儀と思ってだな。それにけいかりんから「いまとっても頑張っているし、これからも頑張る」って言葉が出てきたのも嬉しかったしな、うん。

てかflavor出てたのを後で気付く。並行物販だったので到着時にはとっくに終わってたんでどうしようもないが。

保坂朱乃 4th Anniversary LIVE @ 四ツ谷OUTBREAK

アキバアリーナで時間をかけてしまったので他現場を廻すことができずに直接四ツ谷入り。時間があったし、昼食べてなかったのでOUTBREAK隣のモリバコーヒーで休憩。で開場30分前過ぎくらいに行ったらちょうど整理番号配ってて10番代を入手。会場入りしたら最前の椅子席が空いていたのでそこを陣取るというスムーズな流れ。でも、朱乃ちゃんの今回のリリイベは1回も行けてないし、去年末のワンマンも予約したけど行けなかったし、去年のGALETTe 4thのリリイベでも後方支援で接触行ってないから、ちゃんと会うのってTIF以来じゃねーか。大丈夫か汗

  • 01 空をかける少女
  • 02 glory days
  • MC
  • 03 星空 acoustic ver. (with 吉田さんGt.)
  • 04 VOICE acoustic ver.(with 吉田さんGt.)
  • MC
  • 05 キラリ☆ (東京女子流)
  • 06 明日も (大原櫻子)
  • MC
  • 07 雨
  • 08 サヨナラの果実
  • MC ~ 一度きりのReset PV 一部公開
  • 09 一度きりのReset
  • 10 近くて遠い100センチ
  • MC
  • 11 ココイル
  • EN12 ココイル

はい、スタートが「空かけ」だったので安心できました。新譜シングルに入る新曲はglory days, サヨナラの果実, 近くて遠い100センチの3曲。僕は近くて遠い100センチが楽曲的には一番好きですね、今日聴いた限りでは。さて、朱乃ちゃんのライブって沸く系のライブではないし、GALETTeと違ってそこまでダンスをするわけでもない(LOVE BANGは踊るけど今日やってない。バックダンサー居ないし)から、彼女の歌に集中してじっくりと観ていたところ、朱乃ちゃんの表現力はずいぶん上がっている事を多々感じたかな。時に中盤にやった「雨」。この森高千里のカバー曲は朱乃ちゃんがかなりの感情移入を見せる曲。去年の空かけのリリイベで披露していたのを何回か見た時には、過多と言ってもいい位の力の入り過ぎが正直気になっていました。ある意味オーバー感があったというか。それに比べて今回の雨は行き過ぎずいい意味で抑えつつ、哀しさ憂いさをうまく表現できていたんじゃないかと思います。そういえばMCで「Brand-New Styleの頃が身体的にも精神的にも一番つらかった」と話してましたけど、空かけリリイベ期間に重なるようにBrand-Newのリリイベが始まったのでBrand-Newのリリイベ欠席することもしばしばでしたね。ただでさえしぽりんが抜けたばかりという状況でしたし、そういう意味で当時の不安定さが露呈してしまっていたのかなぁ、と今になって思ってみたりもします。

さて、終演後の物販で朱乃ちゃんにTIF以来に会ったわけですが幸いにも覚えていてくれてました。それどころか「もうすぐお誕生日ですよね」と思いがけない言葉が! あれ、去年のリリイベでそんな話したっけな? それともモバイルサイトを申し込んだ際に書いたのをマッチングしてくれたの? どっちにしたってそこまで熱心に追っかけきれてないボクにまでそんなに丁寧に扱ってくれるなんて、朱乃ちゃんのファン想いなところがヒシヒシと伝わってきます。てか吉田さんにも「いつもありがとうございます」って言われて恐縮しきり。やっぱりITRさんの教育の賜物か